新しいタイプの不動産会社を目指します! 不動産のプロフェッショナルとして、法律的に論理的にお客様の信頼にお答えします。

建築・リフォーム

エル・オフィスが提案する新築アパート
収益物件で、定期収入を得たいとお考えの方は
エルオフィスにご相談ください!

ローコスト&ハイリターンの優良物件を企画します!

賃貸市場に一番詳しいのは、賃貸を専門に行っている不動産会社です。

建築会社主導のアパート経営から 市場にあったアパート経営へ」を目標として、どのような市場で、コストを抑えた優良物件はどうしたら作れるのか、高利回りの実現はどうしたらできるのか、をエルオフィスは考え続けました。

建築会社主導から、不動産会社主導のアパート建築へ

施工実績
新築なのに12%の高利回り

ダイナミックマンション、エーケーハイツG、エーケーハイツH

従来のアパート建設では「建設費が〇〇〇万円かかるから、家賃を〇万円にする」という様に、建築会社主導のアパート建築が行われてきました。
建築時の投資金額が大きいと、家賃を適正なものにすることができず、結果的に空き室が増えるという悪循環に陥ってしまいます。

この矛盾を解決するために、エルオフィスでは「家賃を〇万円にするから、建築費は〇〇〇万円に!」と指示して建築しました。
その結果、ローコスト&ハイリターンのアパートを企画・建築することができました。

その2. ローコスト&ハイリターンの物件
入札を行い建築費を抑える 1室当たり 350万円を実現(1K 26㎡)

安くて良い物件を作るには、「市場原理」が働いていなければなりません。
しかし実際は、建築業には「市場原理」がうまく働いていないことがあります。

当社が建築業者さんと打ち合わせをして驚かされるのは「下請会」という存在です。
「下請会」は義理人情が厚く、下請け業者さんの生活を守ろうとされています。
そのため、建築費はさほど下がりません。

その一方で、公共工事が減った結果、入札には驚くほど低い価格で入札する業者も登場してきました。
そこで、アパート建築にあたり設計事務所に協力をお願いし、入札方式で行いました。

その結果、1室当たりの工事費350万。
従来の建築なら400万~500万円程度の費用がかかるため、まずまず満足のいく結果となりました。